_|  _  ._  ._    _  |      
 (_| (/_ | | | \/ (_) |< |_| 
                /             

芭蕉の連句
ばしょうのれんく

冬の日

歌仙「はつ雪の」(岩波芭蕉連句集)

はつ雪のことしも袴きてかへる
野水
霜にまた見る蕣の食
杜国
野菊までたづぬる蝶の羽おれて
芭蕉
うづらふけれとくるまひきけり
荷兮
麻呂が月袖に鞨鼓をならすらん
重五
桃花をたをる貞徳の富
正平
雨こゆる浅香の田螺ほりうへて
杜国
奥のきさらぎを只なきになく
野水
床ふけて語ればいとこなる男
荷兮
縁さまたげの恨みのこりし
はせを
口おしと瘤をちぎるちからなき
野水
あすはかたきにくび送りせん
重五
小三太に盃とらせひとつうたひ
芭蕉
月は遅かれ牡丹ぬす人
杜国
縄あみのかゞりはやぶれ壁落ちて
重五
こつ〳〵とのみ地蔵切町
荷兮
初はなの世とや嫁のいかめしく
杜国
かぶろいくらの春ぞかはゆき
野水
櫛ばこに餅すゆねやほほのかなる
うぐひす起よ紙燭とぼして
芭蕉
篠ふかく梢は柿の帯さびし
野水
三絃からん不破のせき人
重五
道すがら美濃で打ちける碁を忘る
芭蕉
ねざめ〳〵のさても七十
杜国
奉加めす御堂に金うちになひ
重五
ひとつの傘の下擧りさす
荷兮
蓮池に鷺の子遊ぶ夕ま暮
杜国
まどに手づから薄様をすき
野水
月にたてる唐輪の髪の赤枯て
荷兮
戀せぬきぬた臨濟をまつ
はせを
秋蟬の虚に聲きくしづかさは
野水
藤の實つたふ雫ぽつちり
重五
袂より硯をひらき山かげに
芭蕉
ひとりは典侍の局か内侍か
杜国
三ヶの花鸚鵡尾ながの鳥いくさ
重五
しらかみいさむ越の独活苅
荷兮

首尾 貞享元年

底本『芭蕉連句集』小宮豊隆編

トップに戻る

こちらからトップページに戻れます。